ヴォルフガング・カウフマン

アドルフに告ぐ(漫画)の登場人物。アドルフ・カウフマン、由季江とは親族関係にある。

  • ヴォルフガング・カウフマン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アドルフに告ぐ(漫画)
正式名称
ヴォルフガング・カウフマン

総合スレッド

ヴォルフガング・カウフマン(アドルフに告ぐ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

ドイツ総領事館勤めの外交官。神戸在住15年のドイツ人。アドルフ・カウフマンの父。妻は日本人由季江。ユダヤ人であるアドルフ・カミルと息子がつきあうことを禁じる。秘密文書を手に入れるため、芸者絹子を殺害するが、文書の入手には失敗。肺炎で死亡する直前、妻の由季江に問いただされ、自分の罪を認める。

登場人物・キャラクター

『アドルフに告ぐ』の主人公のひとり。ドイツ総領事館につとめるドイツ人、ヴォルフガング・カウフマンと日本人の妻、由季江の間に生まれる。パン屋でユダヤ人のアドルフ・カミルを親友として育つ。自分の意思に反し...
有馬温泉の芸者置屋芳菊の芸者。峠勲が殺される半年前、彼と同じく指先に白い粉をつけた彼女の死体が発見された。かつて宝塚歌劇学校を受験するほどの無類の音楽好き。日本の侵略戦争に反対し、中国共産党のスパイと...
ドイツ総領事館につとめるドイツ人、ヴォルフガング・カウフマンの妻。夫に秘密があることをしり、探るうちに芸者絹子の殺人を知ってしまう。後、未亡人となって、偶然出会った峠草平に心惹かれるようになる。特高(...

登場作品

ベルリンオリンピックに記者として派遣された峠草平は、ドイツ留学中の弟を何者かに殺され、その存在の証拠すら消されてしまったことに不審を抱く。探るうち、弟がナチスの秘密をつかんでいたことを知る。帰国した彼...