ヴォージュ・ド・ランベール

ヴォージュ・ド・ランベール

砂の城(漫画)の登場人物。

登場作品
砂の城(漫画)
正式名称
ヴォージュ・ド・ランベール
関連商品
Amazon 楽天

概要

画家で、ヴァン・ロゼ校で美術の教師をしている。学生時代にドイツ人のフローリア・ドベルジュと恋仲になったが、父親に反対され、フローリアが密かに身を引いたため失恋。実情を知らず、裏切られたと思っていたが、彼女を忘れられず、フローリアをモチーフにした絵を描き続け、独身を貫いている。

天真爛漫で絵画の才能があるフランシス・ドベルジュ(息子)を可愛がっていた。後に、彼が実の孫であると知る。

関連人物・キャラクター

フランシス・ドベルジュ

捨て子のフランシスがジョルゼとの間に設けた息子。マルコという名前だったが、ナタリー・ロームの希望により、改名した。自分を引き取り、育ててくれたナタリー・ロームに憧れと激しい愛情を抱くようになる。

関連キーワード

ヴァン・ロゼ校

『砂の城』に登場する寮制の学校。フランシス・ドベルジュが通うコレージュ(フランスの前期中等教育機関)。ヴォージュ・ド・ランベールが美術の教師を務めている。エドウィン・シュナイダーの父親も通っていた名門校。

登場作品

砂の城

ナタリー・ロームとフランシス・ドベルジュとの絆を中心に、登場人物たちの恋愛模様から、愛についての苦しみや喜びを描いていく。 関連ページ:砂の城

SHARE
EC
Amazon
logo