一ノ瀬 亜紀

かりんと。(漫画)の登場人物。読みは「いちのせ あき」。

  • 一ノ瀬 亜紀
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
かりんと。(漫画)
正式名称
一ノ瀬 亜紀
ふりがな
いちのせ あき

総合スレッド

一ノ瀬 亜紀(かりんと。)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

『かりんと。』の登場人物。大沢淳平城戸花梨らの幼なじみ。メガネが特徴の、淳平のクラスの委員長。城戸修一と結託して魂の交換を迫ったり物質を触れずに動かす、人の記憶を消す薬を作れるなど超常的な力を持っている。淳平や花梨たちと知り合う前の記憶がないが、なぜか“淳平と花梨を結ばせる”という使命感だけがあり、それに殉じている。

腕には、常に包帯を巻いて隠しているが謎のバーコードが刻印されている。正体は未来からやってきた淳平と花梨の子孫で、そのことを思い出した後は3人の記憶から自分の情報を消去して姿を消し、未来へ帰ったと思われたが、数年後、他人として修一たちの前に現れ、彼との関係を一から再開する。

登場作品

天文好きの高校生大沢淳平は幼なじみでクラスメイトの城戸花梨に恋していたが、自分に魅力がなく、天文道具を使って覗きをするような情けない人間という自覚もあり恋心を伝えられずにいた。やがて覗きの事実が彼女の...