一ノ瀬 渚

一ノ瀬 渚

ほしのふるまち(漫画)の登場人物。読みは「いちのせ なぎさ」。

登場作品
ほしのふるまち(漫画)
正式名称
一ノ瀬 渚
ふりがな
いちのせ なぎさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ショートヘアーの少女。初登場時は高校3年生。富山県氷見市に生まれ育ち、富山弁で話す。氷見ヶ丘高校3年生に在学している。堤恒太郎が身を寄せる宮本家の隣に住み、恒太郎とは同級生。看護師として働く母を支えるためバスケットボール部をやめ、アルバイトをしている。自らも看護師となる夢を持っている。

宮本家の長男・宮本正樹に想いを寄せていた。荒んだ気持ちの恒太郎に初めは厳しい言葉を投げかけたが、その後はお互いに気遣うようになる。

登場作品

ほしのふるまち

恒太郎 (堤恒太郎)は東京の私立進学校・成海高校に通っていたが、授業についていけず留年が決定した。進級のため、父堤慎一郎の発案によって富山県氷見市に住む遠縁の漁師・宮本良夫の元に身を寄せ、地元の氷見ヶ... 関連ページ:ほしのふるまち

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
堤 恒太郎
栗田 美奈子
宮本 正樹
logo