一休宗純

一休宗純

あっかんべェ一休(漫画)の主人公。読みは「いっきゅうそうじゅん」。別称、千菊丸。

登場作品
あっかんべェ一休(漫画)
正式名称
一休宗純
ふりがな
いっきゅうそうじゅん
別称
千菊丸
別称
周建
関連商品
Amazon 楽天

概要

幼名は千菊丸。6歳に安国寺に入門。周建と名付けられる。その後、仏法を修業して自分のものにすべく、禅興庵に座り込みの末、入る。#謙翁宗為の弟子となり、宗純と名付けられる。宗の文字は師の名から。大徳寺の高僧、華叟宗曇に弟子入りし、「洞山三頓の棒」という公案(禅宗で師が弟子に与える問題)に答えを出したことにより一休の道号を受け、一休宗純となる。

闇夜のカラスの鳴き声により大悟し、師より印可証を与えられるものの辞退する。権力や金に集まる世間や寺を批判して、転々し、酒を呑み、女を抱く破戒僧。「風狂の僧」とも呼ばれ、民衆に支持を得ていた。

生きるとは何か、仏とは何かなど苦悩しつつも生きていく。実在の人物一休宗純がモデル。

関連人物・キャラクター

謙翁宗為

弟子を取らず民衆の中に入り、托鉢する僧。一休の坐禅を禁じ続ける。実在の人物謙翁宗為がモデル。 関連ページ:謙翁宗為

登場作品

あっかんべェ一休

室町時代に一人の僧がいた。権力に抗い、名ばかりの高僧をあざ笑い、民衆の中に飛び込んで生きた一休宗純。戦乱の世の中で様々な人々と出会い、悩みながら成長していく。同時に、世阿弥、足利将軍家を挟み込みながら... 関連ページ:あっかんべェ一休

SHARE
EC
Amazon
logo