一太

ぼくんち(漫画)の登場人物。読みは「いちた」。別称、にいちゃん。二太、かの子とは親族関係にある。

  • 一太
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ぼくんち(漫画)
正式名称
一太
ふりがな
いちた
別称
にいちゃん

総合スレッド

一太(ぼくんち)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

二太の兄。かの子の弟。母親が行方不明だった3年間、弟の二太と二人で気丈に生きてきた。その後、姉・かの子の稼ぎで暮らすようになったが、一人前の男になろうと、こういちくんのもとで働くようになる。二太かの子のためにも金持ちになろうと奮闘するが、うまくは運ばない。こういちくんが漁師となったことで、彼のシマを受け継ぐが、すぐに奪われ、町を離れることとなる。

登場人物・キャラクター

超貧乏母子家庭の次男。素直で無邪気な性格の男の子。どんな不幸な中でも明るく振舞う強さを持つ少年。姉かの子とともに暮らし、町の人々の生き方と暮らしを見つめていく。父親は不明で母親は失踪中。一時期は、兄の...
一太と二太兄弟の父親違いの姉で、突然母親が連れてきた。風俗店で稼ぎ、一太と二太を養ってくれる。野良猫や野良犬を見ると放っておけない性分で、風俗店で稼いだお金で母親の借金も返済している。どんなに苦労して...

登場作品

少年の二太は、兄の一太と暮らしていた。二太が住んでいるぼくんちは、山と海しかない静かな町の一番はしっこにあり、母親は3年前から帰って来ない。そんなある日、母親が初対面の姉・かの子を伴って帰って来た。だ...