一角大王

少年西遊記(漫画)の登場人物。読みは「いっかくだいおう」。三ぞうとはライバル関係。

  • 一角大王
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
少年西遊記(漫画)
正式名称
一角大王
ふりがな
いっかくだいおう

総合スレッド

一角大王(少年西遊記)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

元は角を薬にするため、天上界でたいじょうろうくんに飼われていたサイ。敵の武器をひきつけてしまう魔法の輪と仙術の巻物を奪い、眠り薬で見張り番を眠らせて地上へ脱走、化物たちを手下にして三ぞうほうし一行を襲おうと企む。

登場人物・キャラクター

東の国の高僧。かんのんぼさつに見出され、天竺へとお経の本をいただきに行く取経の旅に出る。途中そんごくう、八かい、さごじょうを供とした。三ぞうのような高僧の肉を食べると不老長生の元になると魔物たちの間で...

登場作品

かか山の頂きにある石から一匹の猿が生まれた。賢く、超常的な身体能力を持った彼は、あっという間に猿たちの王となった。やがて不死を求めて仙人しゅぼだいそしに弟子入り、そんごくうという名前をもらい仙術を身に...