丁烹

丁烹

達人伝 -9万里を風に乗り-(漫画)の登場人物。読みは「ていほう」。別称、庖丁。

登場作品
達人伝 -9万里を風に乗り-(漫画)
正式名称
丁烹
ふりがな
ていほう
別称
庖丁
関連商品
Amazon 楽天

概要

荘丹の仲間で、「丹の三侠」の一人。料理人の若い男性で、頭に巻いたバンダナが特徴。初対面の荘丹が玄信と見誤ったほど、容姿が玄信によく似ている。無名に荘丹のことを頼まれたのをきっかけに彼に同行することになる。情に厚く侠を重んじ、荘丹に親身に接する。伝説の料理人と言われた庖丁を伯父に持ち、彼から与えられた包丁「牛刀」を非常に大切にしている。

本人も素晴らしい料理の腕の持ち主であり、無名からは「庖丁」と呼ばれている。喧嘩はあまり強くない。

登場作品

達人伝 -9万里を風に乗り-

作品誕生のいきさつ王欣太は、コミックスのカバー折り返しにある作者コメントにて、本作『達人伝 -9万里を風に乗り-』誕生のいきさつについて語っている。当初、「漫画アクション」編集者に執筆を依頼されたのは... 関連ページ:達人伝 -9万里を風に乗り-

SHARE
EC
Amazon
logo