七代目有楽亭八雲

昭和元禄落語心中(漫画)の登場人物。読みは「ななだいめゆうらくていやくも」。

  • 七代目有楽亭八雲
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
昭和元禄落語心中(漫画)
正式名称
七代目有楽亭八雲
ふりがな
ななだいめゆうらくていやくも

総合スレッド

七代目有楽亭八雲(昭和元禄落語心中)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

八代目有楽亭八雲有楽亭助六の落語の師匠。厳しくも優しい人物だが八代目有楽亭八雲には甘い部分があり有楽亭助六とは落語への見解の違いから決裂する。実は有楽亭助六に落語を教えた助六と若い頃兄弟弟子だった。無理やり奪った八雲という名に強いコンプレックスがある。

登場人物・キャラクター

有楽亭助六に寄せ場で落語を教えた人物。過去には七代目有楽亭八雲と兄弟弟子でありとてつもなく落語がうまかった。八雲の名を襲名できず有楽亭一門を去る。有楽亭助六が七代名有楽亭八雲に弟子入りする前に死んでい...
与太郎の師匠。痩身で切れ長の目の男。芸者の女系家族の中で居場所を失い落語の道へ入る。ストイックに芸を磨き、八代目有楽亭八雲を襲名し昭和最後の大名人と評される。無愛想で気難しい性格。かつてみよ吉と恋仲だ...

登場作品

主人公与太郎は、刑務所慰問会で聞いた八代目有楽亭八雲の落語に惚れ込み、出所後八雲に弟子入りする。八雲は与太郎の奔放な噺の雰囲気にかつての親友であり兄弟子でもあった有楽亭助六の姿を見るようになる。落語家...