七瀬 北斗

人類ネコ科(漫画)の主人公。読みは「ななせ ほくと」。別称、ホクちゃん。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
人類ネコ科(漫画)
正式名称
七瀬 北斗
ふりがな
ななせ ほくと
別称
ホクちゃん

総合スレッド

七瀬 北斗(人類ネコ科)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

市立西湘高等学校に通う高校生。両親がオーストラリアへ出張し、外国嫌いだったため、一人日本に残った。南山荘に住む。身長が159㎝と低いため、同じアパートの住人で女子大生の兵頭真琴たちからは男扱いされていない。そのため、彼女たちのさまざまな醜態を垣間見て、女嫌いとなった。その彼女たちからはホクちゃんと呼ばれる。

幼馴染の守山修一郎とはいつも一緒に行動している。

登場人物・キャラクター

『人類ネコ科』登場人物で主人公・七瀬北斗の幼馴染。市立西湘高等学校に通う高校生。182㎝の長身にリーゼント。名古屋弁を常に使用する。愛車はヤマハRZ250R。ケンカが得意で、バイク事故で左腕を骨折して...

関連キーワード

主人公七瀬北斗と谷山舞奈、守山修一郎、中島亜津美、錦瑞穂子、荒井由美子が通う学校。四階建て校舎。
主人公七瀬北斗と兵頭真琴、小山麻美、樋口京子が住むアパート。北斗以外、すべての住人が女子大生なので周囲からはにゃんにゃん荘と呼ばれている。住人はもう1人日々野里美がいるが、その姿は真琴たちしか見たこと...

登場作品

両親が海外出張のため、南山荘で一人暮らしをする高校生七瀬北斗は女嫌い。通っていた市立西湘高等学校でアイドル的存在の谷山舞奈からラブレターをもらい、困惑する。学校中の男子生徒を敵に回し、幼馴染の守山修一...