七瀬 帝

七瀬 帝

ワン・モア・ジャンプ(漫画)の主人公。読みは「ななせ みかど」。

登場作品
ワン・モア・ジャンプ(漫画)
正式名称
七瀬 帝
ふりがな
ななせ みかど
関連商品
Amazon 楽天

概要

ショートヘアーの少女。初登場時は10歳。ジュニア選手だった双子の兄七瀬皇とはケガの痛みも共有してしまうほど仲が良く、彼の影響で遊び程度のスケートをやっていたが、父七瀬建の事故死をきっかけに本気で競技を始める。七瀬皇とペアを組み、絶賛される演技を披露するが直後に皇が事故死。

その後、異母兄・トーマ(アレクサンドル=トーマ=ルイシコフ)と出会い、ジャンプの才能を開花させ、トリプルアクセルやクワドラブルを飛ぶ選手へと成長していく。本番に強く、大舞台でもスケートそのものを楽しみ練習以上の演技をする。初めはトーマ(アレクサンドル=トーマ=ルイシコフ)のことを兄として尊敬していたが、次第に恋心を抱くようになる。

登場作品

ワン・モア・ジャンプ

少女七瀬帝が、父や双子の兄七瀬皇の死を乗り越え、スケートの才能を開花させていく物語。(1993年)小学館漫画賞児童部門受賞。 関連ページ:ワン・モア・ジャンプ

SHARE
EC
Amazon
logo