七瀬 建

七瀬 建

ワン・モア・ジャンプ(漫画)の登場人物。読みは「ななせ けん」。七瀬帝とは親族関係にある。

登場作品
ワン・モア・ジャンプ(漫画)
正式名称
七瀬 建
ふりがな
ななせ けん
関連商品
Amazon 楽天

概要

七瀬皇七瀬帝の父親。1976年の世界選手権で銀メダルを獲得したペアスケート選手。ペア選手の育たない日本での快挙で、「奇跡のペア」と称えられた。ロシアでコーチとして活動し、ジュニア選手権に出場する七瀬皇を見るために、トーマ(アレクサンドル=トーマ=ルイシコフ)とその母を伴って一時帰国した際に交通事故で死亡する。

関連人物・キャラクター

七瀬帝

ショートヘアーの少女。初登場時は10歳。ジュニア選手だった双子の兄七瀬皇とはケガの痛みも共有してしまうほど仲が良く、彼の影響で遊び程度のスケートをやっていたが、父七瀬建の事故死をきっかけに本気で競技を... 関連ページ:七瀬帝

登場作品

ワン・モア・ジャンプ

七瀬帝は10歳の少女。双子の兄七瀬皇の影響でスケートを始めるが、二人で初めてペアとして出場した大会の直後に兄は事故死してしまう。トーマ(アレクサンドル=トーマ=ルイシコフ)の指導で才能を開花させた七瀬... 関連ページ:ワン・モア・ジャンプ

SHARE
EC
Amazon
logo