三人の母

ヴォイニッチホテル(漫画)の用語。

  • 三人の母
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ヴォイニッチホテル(漫画)
正式名称
三人の母

総合スレッド

三人の母(ヴォイニッチホテル)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

「ホテルヴォイニッチ」が建っているブレフスキュ島で、大昔崇められていた3人の魔女。本来はロシア出身で、ロシアには師匠がいる。テネブラルムサスピリオルムラクリマルムの三人で、獣の頭蓋骨の仮面で顔を隠していた。スペイン軍が襲ってきた時に、テネブラルムは魔女を殺す毒で死亡、サスピリオルムは処刑されて首を落とされ、ラクリマルムは右目に矢を受け逃げ出した。

その呪いが島に残り、死んだ人間が幽霊となって残ることがある。今ではテネブラルムは記憶を失ったゾンビになり、サスピリオルムは心臓のみを取り出して他の身体に移植してベルナに、ラクリマルムは片目を失ったエレナとして生き残っている。

登場人物・キャラクター

色黒で子供体型の少女。「ホテルヴォイニッチ」で働いているメイド服の従業員。仕事が非常に丁寧で、ホテルの一連の仕事をベルナと二人で回している。ただしベルナと同じ自室の101号室は汚い。趣味は日本のマンガ...

登場作品

かつて盛り上がっていた観光地に建った「ホテルヴォイニッチ」にやってきたクズキ・タイゾウ。そこは二人の従業員と一人のコックと支配人で経営している、ひなびたホテルだった。従業員の少女エレナに、自分が日本の...