三十三年後の自分

三十三年後の自分

自分会議(漫画)の登場人物。読みは「さんじゅうさんねんごのじぶん」。

登場作品
自分会議(漫画)
正式名称
三十三年後の自分
ふりがな
さんじゅうさんねんごのじぶん
関連商品
Amazon 楽天

概要

アパートへ三番目にやってきた未来の自分で、男子学生の三十三年後の姿。三十三年後には土地が国有化されているため、主人公が相続した山林は、売って宝石に替え、自分に預けるべきだと主張する。

関連人物・キャラクター

男子学生

名前は不明。貧乏な男子学生で、一人暮らしを始めるため、ある安アパートへ引っ越してくる。奇妙な既視感を感じていると、突如未来の自分が現れ、「君の人生は大きく変わる」と告げられる。そして、言葉通り男子学生... 関連ページ:男子学生

登場作品

自分会議

貧乏な男子学生が、一人暮らしのために安アパートへ越してくると、そこへタイムマシンを使って、未来の自分が次々現れる。目当ては男子学生が相続した時価三億円の山林で、活用法を巡って醜い言い争いを始めるのだっ... 関連ページ:自分会議

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
男子学生
九年二か月後の自分
二十三年後の自分
logo