三千代

三千代

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「みちよ」。

登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
三千代
ふりがな
みちよ
関連商品
Amazon 楽天

概要

鵜野讃良皇女の孫である珂瑠皇子の世話係兼教育係として、幼少期から面倒を見ている采女。珂瑠に天皇らしい強さを持って欲しいと願う讃良の意を汲み取って、厳しいながらも母親のような愛情で珂瑠に接し、一番の信頼を得ている。夫である美努王と子どもがいるが別居中。

理由は、皇位の安定こそが国の安定であり、ひいては家族の幸せにつながるのだという信念と使命感を持って皇室に仕えているためだという。その真意を知った中臣史から、互いに同志として、良き理解者として支え合おうという申し出を受け、共に協力して珂瑠の治世を築こうと誓う。

登場作品

天上の虹

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し... 関連ページ:天上の虹

SHARE
EC
Amazon
logo