三好青海入道

魔界衆(漫画)の登場人物。読みは「みよしせいかいにゅうどう」。

  • 三好青海入道
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
魔界衆(漫画)
正式名称
三好青海入道
ふりがな
みよしせいかいにゅうどう

総合スレッド

三好青海入道(魔界衆)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

真田幸村の家臣。僧形の豪傑。真田幸村の隠れ家を訪れた際、天海につかまり、催眠術をかけられたことで、幸村魔界衆を探していることを明かしてしまう。講談や立川文庫の真田十勇士・三好青海入道をモデルとしている。

登場人物・キャラクター

『魔界衆』の主人公のひとり。元は大坂の陣における豊臣方の武将で、徳川家康に最も恐れられた男である。夏の陣で討ち死にしたとされていたが、密かに生き延びていた。魔界衆の力を借りて豊臣家再興を図ろうとし、猿...

関連キーワード

『魔界衆』に登場する一族。進んだ科学力と不思議な力を持つ一族で、奥飛驒山中に隠れ住む。進んだ文明をもっていた宇宙人の子孫たちであるが、その力を利用されることを恐れ、外界との接触を断っている。彼らが神と...

登場作品

大坂夏の陣で死んだとされていた真田幸村が生きていた。幸村は豊臣家再興のため、超科学と超能力を有す魔界衆に助力を求める。魔界衆は幸村の頼みこそ断ったものの、外の世界を学ばせるため、兵馬を初めとする若者た...