三宅坂 登

三宅坂 登

トンネル抜けたら三宅坂(漫画)の主人公。読みは「みやけざか のぼる」。

登場作品
トンネル抜けたら三宅坂(漫画)
正式名称
三宅坂 登
ふりがな
みやけざか のぼる
関連商品
Amazon 楽天

概要

都立首都小学校5年2組の男子生徒。一見、美少年であるが、通常を遙かに上回る性欲の持ち主にして性衝動の塊。担任教師の美女木光子には「一般小学五年生の10倍の性欲を持つ」と要注意視されている。頭脳明晰で成績優秀、スポーツ万能であるがゆえに女子のファンもいるが、スカした態度からアンチも多い。

とにかく性欲の赴くままに行動する性質で、何かと黒いビキニ・ブリーフ一枚になりたがる。将来の夢はマンガ家になること。小学生のレベルを越える作画能力を持つが、エロマンガを描く事以外に興味がない。5.0の優れた視力の持ち主であり、その力は女子の健康診断を遠くから覗くことに利用される。犬が大好きで、犬を見ると我を忘れるほど可愛がるが、犬には嫌われるタチらしく、飼い犬にすら噛まれるあり様である。

関連人物・キャラクター

プリン・マンゴー

三宅坂登の愛読する官能漫画誌「月刊ロリポップ」の看板作家。「爆乳モリモリマン」を連載している。爆乳の眼鏡美女。「月刊ロリポップ」の編集長外苑清子とは、大学の漫画研究会の同期。漫画執筆中にスピッツをバタ... 関連ページ:プリン・マンゴー

関連キーワード

月刊ロリポップ

『トンネル抜けたら三宅坂』に登場する官能漫画雑誌。三宅坂登の愛読誌で、漫画の持ち込みも行った。編集長は登の学校の漫画研究会部長・外苑都の母・外苑清子。愛液と精液の飛ばしにこだわる過激な方針で編集されている。看板作家はプリン・マンゴー先生。

登場作品

トンネル抜けたら三宅坂

美少年ではありながら通常の小学五年生の10倍の性欲を持つ三宅坂登が、その強すぎる性衝動ゆえに巻き起こす騒動を描いた思春期コメディマンガ。かつて同名の作品が『コミックバウンド』に作画・藤代建、原作・森高... 関連ページ:トンネル抜けたら三宅坂

SHARE
EC
Amazon
logo