三島 美砂子

夢使い(テレビアニメ)の登場人物。読みは「みしま みさこ」。三島塔子、塔子、三島燐子とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
夢使い(テレビアニメ)
正式名称
三島 美砂子
ふりがな
みしま みさこ

総合スレッド

三島 美砂子(夢使い)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

29歳の女性。三島塔子三島燐子の叔母にあたる人物である。長い髪を赤いリボンで結っていることが多い。元は夢使いだったが、現在は表には立たず悪夢と戦う塔子や燐子のサポートに徹している。

特に、「ドリーム・サイクロン」という夢使いの合体技を扱うにはなくてはならない存在である。橘一を、いろいろな意味で気にかけている。

登場人物・キャラクター

17歳の少女。童遊斎というおもちゃ店の店主であり、日曜星の夢使いである。長い髪に、紺のジャンバースカート、そしてなぜかその下にジャージのズボンとゲタを履いている。頭には狐の面をつけていて、年頃の娘にし...
17歳の少女。童遊斎というおもちゃ店の店主であり、日曜星の夢使いである。長い髪に、紺のジャンバースカート、そしてなぜかその下にジャージのズボンとゲタを履いている。頭には狐の面をつけていて、年頃の娘にし...
29歳の青年。金曜星の夢使いである。顔立ちはイケメンだが、宇宙人がついた変な帽子にゴーグル、小さなマスコット人形を服にいくつもつけるなど、その趣味と感性は常軌を逸しているため、三島美砂子によく咎められ...
『夢使い』の登場う人物。10歳の小学生。三島塔子の妹であり、火曜星の夢使いである。長い髪をふたつに分けて赤いリボンで結っている。マセた小学生で、自らの事を「超(スーパー)小学生」と豪語する。 主に火の...

登場作品

古代の呪術師「遊部(あそびべ)」が使用していた「箒神」と呼ばれる呪具。それにおもちゃを納めると、そのおもちゃと一体になり、それぞれの用途毎の技を繰り出すことができるという。この不思議な呪術を司るのが「...