三平の父

河童の三平(漫画)の登場人物。読みは「さんぺいのちち」。三平、河原十兵衛とは親族関係にある。

  • 三平の父
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
河童の三平(漫画)
正式名称
三平の父
ふりがな
さんぺいのちち

総合スレッド

三平の父(河童の三平)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

長らく行方不明だった三平の父で、河原十兵衛の息子。名前は不明。十兵衛の死後、間もなくして三平の家に帰ってきた。実は一寸法師の伝説のもとになった小人を生涯をかけて探しており、ついに発見した小人たちをトランクの中に隠していた。長い探索の旅で死病を患い、父十兵衛と同様に死神によってあの世へと旅立つ。

登場人物・キャラクター

河童そっくりの顔をした小学一年生。山奥の一軒家に祖父と共に暮らしている。仲間と誤解した河童たちに河童の国へ連れて行かれてしまうが、人間社会に興味を持った河童の長老の命により、長老の息子と共に地上に帰さ...
三平の祖父。頑固だが実直な老人。家からお金を借りたまま行方知れずになってしまった息子を恥じており、孫である三平をまっとうな大人に育てようと厳しく接している。死神が迎えに来たことで、三平を残してこの世を...

登場作品

祖父と共に山奥の家で暮らしていた河原三平は、ある日河童の国に迷い込んでしまう。自分とそっくりな河童の長老の息子と共に地上に戻った三平は、死神や小人などの不思議な者たちと出会い、彼らとの奇妙な付き合いを...