三木 竜正

三木 竜正

クロスゲーム(漫画)の作品登場人物。読みは「みき たつまさ」。

登場作品
クロスゲーム(漫画)
正式名称
三木 竜正
ふりがな
みき たつまさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

星秀学園高等部野球部に所属した男子。大門秀悟監督がスカウトした野球留学生の選手。右投げ右打ちで、ポジションはセンター。器用なバッターで、球種を問わず外寄りのコースを得意としており、追い込まれるまでは内角のコースに絶対手を出さない。中学時代にはエースで4番を務め、6つもの高校から声をかけられていたが、それらを蹴って星秀学園高等学校に進学した。その決め手は、東雄平と一緒に野球をしたかったからである。しかし、大門監督指揮のもと行われた夏の地区大会3回戦で、監督の指示を無視したプレーを決行。それが結果的に、大門監督の采配ミスを部員たちに気付かせるきっかけとなった。その出来事以降、部内でも随一の実力があるのにも関わらず、スタメンを外されるようになった。そのような経緯から、自分本位な采配を行って、選手に対して冷たい大門監督のことを反面教師としており、星秀学園高等学校野球部を退部。

「勝ったら全員で抱き合える野球」を理想としており、夏の地区大会終了後に、野球の無名校である都立瀬名高等学校に転校する。3年の夏、瀬名高等学校のエースで4番となり、移籍した大門が監督を務める黒駒実業高校を倒し、借りを返すが、古巣の星秀学園には惜敗。

関連キーワード

都立瀬名高等学校

『クロスゲーム』に登場登場する高校。野球部員12名という無名チーム。星秀学園野球部を退部した三木竜正が3年生時にエースで4番としてチームを牽引し、夏の北東京大会では、因縁の大門秀悟監督率いる黒駒実業高校と初戦でぶつかり、僅差で勝利。次の試合では星秀学園と対戦し、善戦するも敗退する。

星秀学園

『クロスゲーム』に登場する中高一貫教育校。樹多村光たちは中等部から通っている。高等部野球部は不良の溜まり場と化していたが、志堂英太郎教頭が、校長の病気療養中に校長代理となって独断で予算を動かし、甲子園... 関連ページ:星秀学園

登場作品

クロスゲーム

小学5年生の時に最愛の幼なじみを失った少年が、徐々に野球にのめり込み、[甲子園]優勝を目指す姿を描いた青春高校野球漫画。「週刊少年サンデー」2005年22・23号から2010年12号にかけて連載された... 関連ページ:クロスゲーム

SHARE
EC
Amazon
logo