三牛 諸美、三牛 直太

からくりサーカス(漫画)の登場人物。読みは「みつうし もろみ、みつうし なおた」。

  • 三牛 諸美、三牛 直太
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
三牛 諸美、三牛 直太
ふりがな
みつうし もろみ、みつうし なおた

総合スレッド

三牛 諸美、三牛 直太(からくりサーカス)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

諸美は日本の大手サーカス・ストローサーカスの団長で、直太はその息子でアクロバット芸人。ストローサーカスには、来日したエレオノール才賀勝と出会うまで在籍していた。しかし、三牛親子による使い込みのため、ストローサーカスは倒産。路頭に迷っていたところを仲町サーカスに拾われる。

機械仕掛けの神編ではエレオノールと一緒にいたため、ゾナハ病に罹患しなかった。しかし自動人形に恐れをなし、親子して自動人形に内通。そのことをギイに気付かれるが、彼は責めもしなかった。その後、最終決戦に赴く加藤鳴海エレオノールの護衛一行に同道。内応を呼びかけた自動人形・フラッシュジミーが襲来し、三牛親子だけは見逃そうとするが、最後の最後で考えを改めフラッシュジミーを打倒する。

関連キーワード

『からくりサーカス』に登場する設定。白金によって生命の水を与えられたフランシーヌ人形によって作り出された、自立思考する人形。フランシーヌ人形が、自分が笑えなかったために造物主である白金が去ったと考えた...

登場作品

才賀勝はたった二人で生きてきた母親を病気で失うと、初めて父親が世界的大企業・サイガの社長だったことを知る。才賀家に引き取られたものの、愛人の子ということで学校でも家庭でも壮絶ないじめを受ける勝だったが...