三田 源

釘師サブやん(漫画)の登場人物。読みは「みた げん」。

  • 三田 源
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
釘師サブやん(漫画)
正式名称
三田 源
ふりがな
みた げん

総合スレッド

三田 源(釘師サブやん)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

鼻の穴が大きな、禿げ頭の体の大きな男。茜正村を師匠に持つ元釘師で、根岸佐助とは兄弟弟子。正村には弟子が2人だけで、佐助と同様に玉おきのハンマーを伝授される。正村流釘術の継承者になるため、佐助と玉おきのハンマー勝負をするが、立会人の正村は両者とも未熟として勝負を流した。

その後、パチプロに転向し、人からは会長と呼ばれるまでにのし上がる。全日本競指市(通称穴市)でサブやんと出会い、穴市勝負の立会人となるが、三回戦でサブやん玉おきのハンマーの技を使用したため、自分では判断できないと、その勝負の行方を名古屋へ移し、師匠正村に決着をゆだねた。

登場人物・キャラクター

サブやんの師・根岸佐助の師匠で伝説的な人物。サングラスをかけ和服姿の老人。サブやんの祖母のウソにより、サブやんに祖父と思い込まれていた。近代パチンコの始祖と呼ばれる正村竹一がモデル。もともと板に釘を刺...

登場作品

昭和30年代。渋谷のパチンコ店第一ホールで、茜三郎ことサブやんは、パチンコ台の釘の傾きを調整する釘師をしていた。そんなある日、パチプロ・美球一心が来店。サブやんが釘を締めて玉を出なくしていたパチンコ台...