三田 紀房

三田 紀房

西原理恵子の人生画力対決(漫画)の登場人物。読みは「みた のりふさ」。西原理恵子とはライバル関係。

登場作品
西原理恵子の人生画力対決(漫画)
正式名称
三田 紀房
ふりがな
みた のりふさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公西原理恵子の対戦相手。『ドラゴン桜』の作者。真正面の人物像が描けないことを西原からネタにされ、♯国友やすゆき、♯柳沢きみおと共に「首寝違え三人衆」のくくりで呼ばれている。また、「描く人物が老若男女すべて同じ顔で魅力のない絵柄」「シャチハタ漫画」ともバカにされている。

しかし、対決ではかなり色々な表情やタッチを書き分け、西原の舌を巻いた。最後には「普段からまじめに漫画を描け!」と突っ込まれる。

関連人物・キャラクター

西原理恵子

画力がない漫画家。武蔵野美術大学卒業。エロ本のカットを書きながらその日暮らしの生活を送っていたある日、小学館の編集者、八巻和弘にスカウトされ漫画家デビュー。有名漫画家をゲストに向かえ、ライブ会場で画力... 関連ページ:西原理恵子

登場作品

西原理恵子の人生画力対決

美術大学を卒業していながら、画力のなさが有名な漫画家、西原理恵子。そんな西原が自らの漫画人生をかけ、日本の全漫画家たちに画力対決と銘打った喧嘩を売ることに。自らを突っ込み漫画家と名乗り、日本を代表する... 関連ページ:西原理恵子の人生画力対決

SHARE
EC
Amazon
logo