上泉 伊勢守信綱

異色列伝 怪力の母(漫画)の登場人物。読みは「こういずみ いせのかみのぶつな」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
異色列伝 怪力の母(漫画)
正式名称
上泉 伊勢守信綱
ふりがな
こういずみ いせのかみのぶつな

総合スレッド

上泉 伊勢守信綱(異色列伝 怪力の母)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

剣の達人。上野国勢多郡城主の子として生まれるも、武田に破れ国を離れる。一番弟子である神後伊豆守宗春、および甥の疋田文五郎と共に旅をしている。狼藉者の手から幼児を取り戻すところを清水新八郎政勝に目撃され、話を聞きたいと乞われたために同行する。実在した歴史上の人物、上泉信綱がモデル。

登場人物・キャラクター

清水家の三男。13歳にして30名以上の女子を犯してしまうほどの性欲を持て余していたが、母である寿、および妹の梅と共に岩屋に籠もり、忍耐を学んだ以降は落ち着きを見せる。実在した歴史上の人物、清水政勝がモ...

登場作品

戦国時代、伊豆奥を支配する郡代清水家に寿と言う娘が輿入れしてくる。寿は男ひとりを片手で持ち上げるほどの怪力と、敵に対し物怖じしない心の強さと、領民や子を思う慈愛、夫の留守を守る責任感を持ち合わせた娘だ...