下仲 基之

ミスター味っ子(漫画)の登場人物。読みは「しもなか もとゆき」。味吉陽一とはライバル関係。

  • 下仲 基之
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ミスター味っ子(漫画)
正式名称
下仲 基之
ふりがな
しもなか もとゆき

総合スレッド

下仲 基之(ミスター味っ子)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

味皇料理会でフランス料理部門を任されている若きシェフ。天才と呼ばれ、欧米の料理コンクールを総なめにした実績を持つ。第28回味皇グランプリにエントリーし、一回戦を突破するも二回戦で畑違いの冷やし中華対決で敗北。高いプライドが折られ、もう一度修業するために無断で渡欧してしまう。

その後、フランス料理界の巨匠、ジョルジュ・ムスタキという師匠を得て、彼の希望で帰国し味吉陽一との勝負のお膳立てをした。第28回味皇グランプリの際に陽一の才能を認めており、彼のライバルの一人となっている。作者寺沢大介の実の友人をモデルとしている。

登場人物・キャラクター

亡き父が残した日之出食堂を母・法子と共に切り盛りしている14歳の中学生。腕白で負けず嫌いな性格。ある日たまたま日之出食堂を訪れた味皇に才能を認められたことをきっかけに、様々な料理人と対決していくことに...

関連キーワード

『ミスター味っ子』に登場する組織。日本料理界の頂点に君臨する味皇こと村田源二郎が創立した組織。下仲基之や丸井善男など、腕の立つ料理人が多く所属しており、様々な分野の料理に精通している。一年に一度、若手...

登場作品

亡き父・味吉隆雄が残した大衆食堂・日之出食堂を母・味吉法子と二人で切り盛りする中学生の少年・陽一。彼はある日、日本料理界の頂点に君臨する老人・味皇にその才能を認められ、彼の主催する味皇料理会へと遊びに...