下田 游一

ジュリエットの卵(漫画)の登場人物。読みは「しもだ りゅういち」。

  • 下田 游一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ジュリエットの卵(漫画)
正式名称
下田 游一
ふりがな
しもだ りゅういち

総合スレッド

下田 游一(ジュリエットの卵)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

長めの黒髪を後ろで結んだ男性。相手の話を流さずにじっと聞くタイプ。口数が少なく、電話が苦手。東京美術大学彫刻科の学生。飼い犬の日の丸が縁でアパートの隣の部屋に住む飴屋螢と知り合う。以来飴屋螢の話し相手となり、彼女と世の中とを媒介するような役割を果たすようになる。

高校の美術の教師だった妙子に想いを寄せている。

登場人物・キャラクター

『ジュリエットの卵』に登場する犬。耳が立って顔にブチがある。下田游一の飼い犬。下田游一と飴屋螢の会話を聞いて、その内容によって笑ったり照れたりと表情を変える。
初登場時19歳。ウェーブのかかった長い髪の女子。金沢出身。千葉の東京美術大学染色科の学生。友人の中嶋小夏からは「度外れた美人」と言われるほど美しい容貌をしている。双子の兄ミナト(飴屋水)を「恋人」と呼...

登場作品

染色を学ぶ女子大生飴屋螢は、双子の兄ミナト(飴屋水)と相思相愛の仲。同じ名前の母・飴屋螢に故郷の金沢から離れた千葉の大学に進学させられ、地元に残る兄とは離れ離れになった。兄を想って涙をこぼす日々だった...