与那嶺 ナミ

南国トムソーヤ(漫画)の登場人物。読みは「よなみね なみ」。別称、ナミ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
南国トムソーヤ(漫画)
正式名称
与那嶺 ナミ
ふりがな
よなみね なみ
別称
ナミ

総合スレッド

与那嶺 ナミ(南国トムソーヤ)の総合スレッド
2016.10.03 20:47

概要

小学五年生の少女。チハルのクラスメイト。気が強く、プライドの高い性格。羽照那島の聖域・南星御獄のツカサを務める一族の末裔で、神様の声を聞くことができる。なお、神様との交信は主にツイッターを使っている。羽照那島出身の母と内地出身の父を持つが、現在は両親とは離れてオバア(祖母)と二人暮らしをしている。島の祭事・結願祭ではチハルとともに踊り手に選ばれ、男役を務めた。

ナミやチハルが夢に見る、千年前の羽照那島の光景にはナミに似た少女が、マタラム王国の皇女として登場する。

登場作品

「誰よりも遠くへ」という亡き母の言葉に従って、東京から沖縄最果ての島・羽照那島へとやって来た少年・チハル。彼はそこで島の少年・リンドウやツカサの少女・ナミと出会い、徐々に島での暮らしに馴染んでいく。し...