すっくと狐(漫画)の登場人物。読みは「あとう」。別称、夜ノ森。唱とはライバル関係。

  • 与
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
すっくと狐(漫画)
正式名称
ふりがな
あとう
別称
夜ノ森

総合スレッド

与(すっくと狐)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

七ツ森神社と同じ地区にある夜ノ森神社に祀られている稲荷神。願い事ばかりの人間を嫌っており、姉である小刑部姫を冷たくあしらっているにも反感を抱いている。そのため登場した当初はたちと敵対していたが、鳥居を巡って他の妖怪たちと戦ううちに協力するようになる。

登場人物・キャラクター

膝まで届く長い黒髪に褐色の肌をした男。普段は人間の姿をしているが、正体は七ツ森神社に祀られている稲荷神で、土をつかさどる玄狐。その姿は、普通の人間には見えない。松下実花といっしょに鳥居を飛び越したこと...

登場作品

主人公の松下実花たちが住む町で、連続して水死体が見つかるという事件が起こった。実花の通う学校のプールでも事件が起こり、学校の近くにある七ツ森神社を取り壊そうとした祟りだという噂も流れていた。そんな中、...