両助

両助

八百八町表裏 化粧師(漫画)の登場人物。読みは「りょうすけ」。別称、両の字。

登場作品
八百八町表裏 化粧師(漫画)
正式名称
両助
ふりがな
りょうすけ
別称
両の字
関連商品
Amazon 楽天

概要

やや長めの卵形の頭に細長い小振りな鼻で、難しそうに口を閉じてていることが多い青年。式亭正舗の番頭。上方出身で、父に逃げられた母に独りで生きていけと放り出され、女のヒモになったが愛想をつかされて路頭に迷っていたところを、母ドノに拾われた。「夢を売る」という式亭小三馬の信念に感心している。

バクチを打つことが多い小三馬の企画に、式亭正舗の金庫番として頭を痛めている。

登場作品

八百八町表裏 化粧師

江戸時代末期の文政年間、江戸の町で話題の薬屋である式亭正舗の若き主人、式亭小三馬は、その豊富なアイディアと意表をついた化粧で町の諍いごとや騒動を解決していく。その評判が老中水野忠成にまで届き、小三馬は... 関連ページ:八百八町表裏 化粧師

SHARE
EC
Amazon
logo