中丸 タケヒコ

サルチネス(漫画)の主人公。読みは「なかまる たけひこ」。中丸愛とは親族関係にある。

  • 中丸 タケヒコ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サルチネス(漫画)
正式名称
中丸 タケヒコ
ふりがな
なかまる たけひこ

総合スレッド

中丸 タケヒコ(サルチネス)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

31歳。中丸愛の兄。出生と同時に施設に入れられるが、5歳の時に母親が迎えに現れる。そこで初めて2歳半の妹・愛と出会う。しかしわずか3日で母親が失踪。タケヒコが盗みを働くことで兄妹は生きながらえ、のちに山梨県の郊外に住む祖父に預けられた。やがて14歳から17年間引きこもるように。

その間は「どんな状況下でも平常心でいられる修行」と称して、地面に埋まったまま3カ月過ごすなどの奇行に明け暮れる。だが本心は、事故死に見せかけて自殺するつもりだった。発想や行動は常軌を逸しており、態度は不遜でしばしば横暴。しかし外に出て出会った谷川俊平河合タイチ、松下 “サイキック” 健二郎、ゴルフ練習場の社長らとの間には、奇妙な信頼関係が芽生えていく。

登場人物・キャラクター

中丸タケヒコの妹で、年齢は28歳。小学校の教師として4年生の担任を受け持つ。両親は事故で死んだと教えられていたが、実は捨てられたことを知っていた。兄・タケヒコの幸せをずっと願っている。常識外れなタケヒ...

登場作品

幼い頃母親に捨てられた中丸タケヒコと妹の中丸愛は、祖父の下で育つ。愛は長じて小学校教師になったが、タケヒコは14歳から引きこもりとなる。タケヒコは妹が健康で立派な大人になることが唯一の願いであり、それ...