中丸 愛

中丸 愛

サルチネス(漫画)の登場人物。読みは「なかまる あい」。中丸 タケヒコとは親族関係にある。

登場作品
サルチネス(漫画)
正式名称
中丸 愛
ふりがな
なかまる あい
関連商品
Amazon 楽天

概要

中丸タケヒコの妹で、年齢は28歳。小学校の教師として4年生の担任を受け持つ。両親は事故で死んだと教えられていたが、実は捨てられたことを知っていた。兄・タケヒコの幸せをずっと願っている。常識外れなタケヒコの扱いを心得ており、口論でも言い負かすことが可能。家出の後に愛のためとして奇行を繰り返すタケヒコに苛立ち、「妹をいろいろな物ごとをサボる」言い訳にしていると言い放った。

やがて岡崎太郎と相思相愛になり、東京へ。後に結婚を控えて子供を身ごもる。

関連人物・キャラクター

中丸 タケヒコ

31歳。中丸愛の兄。出生と同時に施設に入れられるが、5歳の時に母親が迎えに現れる。そこで初めて2歳半の妹・愛と出会う。しかしわずか3日で母親が失踪。タケヒコが盗みを働くことで兄妹は生きながらえ、のちに... 関連ページ:中丸 タケヒコ

岡崎 太郎

じいさん宅近隣の出身で、中丸愛の幼なじみ。優秀な大学を出て一流企業に就職する。だが3年前に山中で裸の中丸タケヒコを目撃し、その姿に感化された。後に会社を辞めて故郷に戻り、父親の古ぼけたガソリンスタンド... 関連ページ:岡崎 太郎

登場作品

サルチネス

17年の引きこもり生活を経て、妹のため自立すべく家出した中丸タケヒコ。妹の幸せだけを願ってきた彼は、さまざまな人との出会いを経て自分の人生とも向き合うようになる。 関連ページ:サルチネス

SHARE
EC
Amazon
logo