中原 愛佳

中原 愛佳

響~小説家になる方法~(漫画)の作品登場人物。読みは「なかはら あいか」。

登場作品
響~小説家になる方法~(漫画)
正式名称
中原 愛佳
ふりがな
なかはら あいか
関連商品
Amazon 楽天

概要

ライター兼小説家の女性。国立東名大学文学部卒で、28歳で作家デビューした。文体で魅せるタイプの、典型的な純文学作家。デビュー作「蓮華郷」を出版したのち、2作目「午後の邂逅」の売り上げ不振により、「木蓮」編集部の編集者、大坪から作家引退を打診された。小説家になるためだけに生きてきた人生を振り返ってくすぶっていたところを、鮎喰響の短編小説「千年楼」を読んで、作家としての本物の才能を感じ、30歳で筆を折る事を決めた。小説家引退後は、近所のベーカリーショップに就職し、そこで出会ったサラリーマンと交際し、32歳で結婚。慎ましくも穏やかな家庭を築き、小説家をあきらめたあとこそが幸せな人生だったと回顧している。

登場作品

響~小説家になる方法~

天才的な小説の才能を持つが、非常識な性格の女子高生の鮎食響が、周囲の人々に大きな影響を与え、騒動を巻き起こす姿を描いた青春小説。 関連ページ:響~小説家になる方法~

SHARE
EC
Amazon
logo