中原 薰子

男おいどん(漫画)の登場人物。読みは「なかはら のぶこ」。

  • 中原 薰子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
男おいどん(漫画)
正式名称
中原 薰子
ふりがな
なかはら のぶこ

総合スレッド

中原 薰子(男おいどん)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

ボロアパート下宿館に暮らす女子大生。育ちが良いように見えるが、実家は下町の長屋育ちで苦学生でもある。コンタクトレンズを着用しており、大山昇太同様の近眼である。男の兄弟が多いため、大山のパンツの後片付けなど器用にこなす。大山に好意を寄せ、初キスの相手でもある。

京都の壬生大学の相良勇という恋人がおり、結婚して彼の実家のある京都へ移った。

登場人物・キャラクター

九州弁を使い、一人称は「おいどん」。中学卒業後、立身出世を夢見て上京。昼間は町工場でバイトし生活費と学費を稼ぎ、夜は定時制高校に通う。だが、トラブル続きで、バイトをクビになり、学校も休学せざるを得なく...

関連キーワード

『男おいどん』に登場するアパート。瓦葺きの二階建てアパート。主に学生や予備校生が利用する。洗面所とトイレは共同で、風呂は無く、住民は主に銭湯を利用する。1階には、大家の山田マスが住んでおり、住民に食堂...

登場作品

大山昇太は、中学校卒業後、大志を抱いて九州から上京する。昼間はアルバイト、夜は夜間高校に通うも、トラブル続きで、どちらの道も閉ざされてしまう。オンボロアパート「下宿館」の四畳半で、金も無い、腕力も無い...