中在家 長次

落第忍者乱太郎(漫画)の登場人物。読みは「なかざいけ ちょうじ」。

  • 中在家 長次
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
落第忍者乱太郎(漫画)
正式名称
中在家 長次
ふりがな
なかざいけ ちょうじ

総合スレッド

中在家 長次(落第忍者乱太郎)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

6年ろ組に所属する忍術学園の最上級生。クラスメイトの七松小平太とは寮でも同室。非常に無口で声も小さく、何か話しても「もそもそ」としか聞こえない。図書委員長を務め、その豊富な知識から沈黙の生き字引と呼ばれる。委員会の後輩である摂津きり丸とはよく行動をともにしており、時折親子に間違えられている。

登場人物・キャラクター

6年ろ組に所属する忍術学園の最上級生。クラスメイトの中在家長次とは寮でも同室。ありあまる体力と怪力の持ち主で、体育委員会の委員長を務める。明るく豪快、細かなことは気にしない性格。「いけいけどんどーん」...

関連キーワード

『落第忍者乱太郎』に登場する、忍術を教える架空の学校。全寮制で、入学資格は10歳以上。入学金さえ払えば誰でも入学することができる。全部で6学年まで存在し、各学年「い」から「は」まで3クラスが登場してい...

登場作品

両親の期待を受け、一流忍者を目指し忍術学園に入学した猪名寺乱太郎。寮で同室の摂津きり丸や福富しんべえら1年は組の生徒たちとともに、厳しい授業を受けていた。しかし学園長である大川平次渦正の思いつきで行わ...