中岡 友子

はだしのゲン(漫画)の登場人物。読みは「なかおか ともこ」。中岡君江、中岡元とは親族関係にある。

  • 中岡 友子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
はだしのゲン(漫画)
正式名称
中岡 友子
ふりがな
なかおか ともこ

総合スレッド

中岡 友子(はだしのゲン)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

中岡家の次女で中岡元の妹。原爆投下直後に産まれ、ゲンに取り上げられる。母中岡君江の栄養状態が悪かったことから母乳の出が悪く、米のとぎ汁などで育てられたため栄養失調に陥る。ゲンたちはヤミの粉ミルクなどを入手しようと奮闘するが、原爆で失った子どもの代わりとして、雨森頑吉のいる集落に誘拐されてしまう。

そこでは人々の心の支えとなり、大切に育てられていたが、ゲンが引きとりに現れた頃には病気が悪化し、生後一年目で死亡する。

登場人物・キャラクター

中岡元の母親。夫の中岡大吉が戦争反対の立場をとっていることで、周囲からは非国民と呼ばれ虐げられるが、差別に負けず夫やゲンたち家族を支え続けた。原爆投下時には自宅におり、幸いにも怪我もなく生き残るが、倒...
物語冒頭では、国民小学校二年生。広島に住む中岡家の三男。原爆投下の際にも広島市の中心部にいたが、偶然塀の影にいたため熱線を免れて生き残る。倒壊した自宅で父中岡大吉、姉中岡英子、弟中岡進次を失う。生き残...

登場作品

昭和20年の広島で、貧しくも楽しく暮らしていた中岡元の生活は、アメリカの落とした原子爆弾によって奪われる。父と姉、弟を原爆投下時に失ったゲンは、生き残った母、原爆投下直後に産まれた妹と戦後の社会を暮ら...