中岡 大吉

中岡 大吉

はだしのゲン(漫画)の登場人物。読みは「なかおか だいきち」。中岡 元とは親族関係にある。

登場作品
はだしのゲン(漫画)
正式名称
中岡 大吉
ふりがな
なかおか だいきち
関連商品
Amazon 楽天

概要

中岡元の父親。広島で下駄の絵付け職人として営業しているが、戦時中ということもあり生活は苦しい。戦争には反対の立場を取り、その姿勢を隠そうともしないため、町内では「戦争に協力しない非国民」と非難されている。踏まれることで茎を強くする麦が好きで、子どもたちに「ふまれてもふまれてもつよくまっすぐに伸びる麦のようになれ」と言って聞かせている。

原爆投下によって自宅の屋根の下敷きになり、ゲンに母と妹を支えて生き続けることを言い残し、焼死する。

関連人物・キャラクター

中岡 元

物語冒頭では、国民小学校二年生。広島に住む中岡家の三男。原爆投下の際にも広島市の中心部にいたが、偶然塀の影にいたため熱線を免れて生き残る。倒壊した自宅で父中岡大吉、姉中岡英子、弟中岡進次を失う。生き残... 関連ページ:中岡 元

登場作品

はだしのゲン

原爆投下後の広島で、中岡元が様々な困難を経験し、戦争や原爆の悲惨さを目の当たりにしながらも、家族や仲間たちと支えあって成長していく姿を描く。 関連ページ:はだしのゲン

SHARE
EC
Amazon
logo