中岡 昭

中岡 昭

はだしのゲン(漫画)の登場人物。読みは「なかおか あきら」。中岡 元とは親族関係にある。

登場作品
はだしのゲン(漫画)
正式名称
中岡 昭
ふりがな
なかおか あきら
関連商品
Amazon 楽天

概要

中岡家の次男で中岡元の兄。登場時は国民小学校三年生で、集団疎開で実家を離れ、田舎で暮らし始める。しかし、そこでは貧しい食事で畑仕事ばかりさせられ、近所の農家の子どもからはいじめられたため、一時は実家に逃げ帰ってきた。自分を思う両親の気持ちを知り、疎開先に戻ったために原爆の被害を免れる。

原爆投下後は自宅に戻り、学校に通いながら畑仕事をしている。ゲンと比べると現実的な性格で、成長したゲンのことを「だんだん頑固なとうちゃんに似てきた」と思うようになる。成長した後には、大阪で商人になることを志す。

関連人物・キャラクター

中岡 元

物語冒頭では、国民小学校二年生。広島に住む中岡家の三男。原爆投下の際にも広島市の中心部にいたが、偶然塀の影にいたため熱線を免れて生き残る。倒壊した自宅で父中岡大吉、姉中岡英子、弟中岡進次を失う。生き残... 関連ページ:中岡 元

登場作品

はだしのゲン

原爆投下後の広島で、中岡元が様々な困難を経験し、戦争や原爆の悲惨さを目の当たりにしながらも、家族や仲間たちと支えあって成長していく姿を描く。 関連ページ:はだしのゲン

SHARE
EC
Amazon
logo