中村

中村

藍の時代 一期一会(漫画)の登場人物。読みは「なかむら」。

登場作品
藍の時代 一期一会(漫画)
正式名称
中村
ふりがな
なかむら
関連商品
Amazon 楽天

概要

持ち込み歴15年の漫画家志望者。東田正巳が初めて週刊少年ジャンプ編集部に持ち込みに行った際出会った、三十路の男性。東田に、「漫画の命はネーム」だと教えた人物。彼自身は、ネームの力がないためか、画力が非常に高いが、デビューできずにいる。日の出荘というアパートに、妻・娘とともに仲良く3人で暮らしていた。

妻のおなかの中には、もう一人子供がいる。床が抜けそうなほど大量の漫画を所有しており、妻からは処分を求められていた。志半ばで、胃ガンで死去する。

登場作品

藍の時代 一期一会

東京の下町、築島に育った中学生の東田正巳は、何をしたいかが定まらず、モヤモヤした青春を送っていた。そんな東田だったが、友人やお世話になった人々から背中を押され、漫画家への道を歩み始める。 関連ページ:藍の時代 一期一会

SHARE
EC
Amazon
logo