中道 志織

そこをなんとか(漫画)の登場人物。読みは「なかどう しおり」。改世楽子とはライバル関係。

  • 中道 志織
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
そこをなんとか(漫画)
正式名称
中道 志織
ふりがな
なかどう しおり

総合スレッド

中道 志織(そこをなんとか)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

東海林弘明と修習同期の弁護士。大手事務所奥山・城之内法律事務所に所属し、企業法務などの大きな案件を担当する。東海林や改世楽子の相手方弁護士となることも多い。男女対等でありたいと肩肘を張って生きており、酔うと説教酒になる。以前、東海林と交際していたが、受付嬢とのトラブルがあった件で疎遠に。

後に誤解だったことがわかり、再び連絡を取り合うようになる。忙しすぎる大手事務所を辞め、東海林を誘って中堅の佐木田法律事務所に移籍する。大の犬好き。実家ではほっけという名のコーギーを飼っている。

登場人物・キャラクター

改世楽子と同じ菅原耕太郎法律事務所で働く先輩弁護士(アニ弁)。合格率3%時代、在学中に司法試験に受かったエリート。クールで辛口、用心深く抜け目がない敏腕弁護士。楽子に嫌味や皮肉を言いつつ、よく面倒もみ...
底抜けに明るく素直で押しの強い25歳。家が貧乏だったため、奨学金をもらい、キャバクラで働きながら、法科大学院(ロースクール)に通う。司法試験になんとか合格するが、弁護士就職難のため、キャバクラで知り合...

関連キーワード

『そこをなんとか』に登場する事務所。中堅で主に企業法務を扱う評判の良い法律事務所。中道志織と東海林弘明は後にこの事務所に移籍する。ボスの佐木田弁護士はやり手で、東海林が若い頃、太刀打ちできなかった相手...

登場作品

2007年、新司法試験で合格し司法修習を終えた改世楽子は、就職難でどこにも就職が決まらない。バイト先のキャバクラで知り合った菅原耕太郎の元に雇ってほしいと半ば強引に押しかける。菅原耕太郎法律事務所に所...