中馬 健二郎

銭っ子(漫画)の登場人物。読みは「ちゅうま けんじろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銭っ子(漫画)
正式名称
中馬 健二郎
ふりがな
ちゅうま けんじろう

総合スレッド

中馬 健二郎(銭っ子)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

中馬健の叔父。細身で顎が長く眉が薄い。息子の正一は健二郎の会社を手伝っていて、結婚して妻の敬子とともに健二郎宅に同居している。娘の正子は中学生で、の妹の中馬亜子とは反りが合わない。神戸でレストラン「ブルーハーバー」を経営しているが、業績はよくない。兄の健一郎から多くの借金をしている。

その兄の事故死を受けて、借金を踏み倒した。弟妹でと亜子を半年ごとに世話をすることにしたが、部屋どころか食事もろくに与えずに、学校にも行かせず店の手伝いなどで働かせた。ブルーハーバーは、食べ残しの再利用はもちろん、残飯を港湾労働者に売るなど、かなり汚い商売もしていた。

健一郎の遺産を元手にバーゲン スーパーマーケットを展開。弟妹には東京支社を任せている。儲けなしのおとり商品を日替わりで用意し、周囲の店を潰して客を独占するという商売をする。ケンの店の近くにも出店し、その経営を圧迫した。が店員の西山佳子をスパイとして抱き込み、おとり商品をつぶされて苦しんだが、ニセ情報でケンの店を翻弄。

さらに、不良在庫で傷んだ缶詰をケンの店にまぎれこませて食中毒事件を発生させ、ついに倒産まで追いこんだ。だが、会社の資産を流用していることが銭神の企みで露顕し、発行株式の3分の2を銭神に買い取られてしまった。

登場作品

事故で両親を亡くし孤児となった中馬健と中馬亜子の兄妹。親戚に引き取られたが、いじめられながら昼夜働かされ、両親の遺産もすべて奪われてしまう。二人は海に身を投げたがガタロ船に拾われ、そこで暮らす人々の温...