中馬 健

中馬 健

銭っ子(漫画)の主人公。読みは「ちゅうま けん」。

登場作品
銭っ子(漫画)
正式名称
中馬 健
ふりがな
ちゅうま けん
関連商品
Amazon 楽天

概要

もともとは泣き虫でわがままな気の弱い性格。13歳のとき、親戚の結婚式に両親と妹の中馬亜子が出かけて留守番をしていたところ、交通事故による両親の訃報が届く。無事だった妹の中馬亜子と二人で神戸の叔父、中馬健二郎の家に引き取られる。だが、両親の遺産を奪われ、二人は押し入れに住まわされて、ろくに食事も与えられず、学校どころか働きに出される。

絶望して亜子と共に海に身を投げたところを、ガタロ船のアゴヒゲ船長に助けられる。ガタロの手伝いをしながら、そこでの人情あふれる生活に馴染みかけた。そんなとき、ケガをしたアゴヒゲを貧乏ゆえにどこの医者も診ようとしなかったことで、金儲けを決意。単身、三の宮に出て、知り合ったコジキの住吉源五郎を銭神と呼び、その弟子となる。

成功しかけると銭神に上前をはねられたり、横取りされたり、利用されたりしながらも、逞しく成長。銭神と彼のライバル大蜂との土地取引を利用して4000万円を手にして独立した。銭神とは1年後の再会を約束し、餞別に百円札を1枚渡される。

妹の亜子のもとに戻り、世話になったアゴヒゲを看取った後、ガタロ船で一緒だったさくらたちとマンション暮らしを始めたが、無駄遣いと土地取引詐欺で再び流浪の身に。井筒牛乳店に亜子とともに住み込みで働く。そこで始めた副業の頼まれ屋をケンの店にまで成長させた。だが、健二郎のバーゲン スーパーマーケットが近くに開店。

激しい競争の末、健二郎の罠にはまって倒産。さらに亜子が肺結核で倒れる。このとき銭神の百円札で買ったパンと牛乳に涙した。自分の体も危険な状態と知りながら靴磨きで日銭を稼いでいると、銭神が現れた。銭神に背負われながら、百円札の礼をする。

登場作品

銭っ子

事故で両親を亡くし孤児となった中馬健と中馬亜子の兄妹。親戚に引き取られたが、いじめられながら昼夜働かされ、両親の遺産もすべて奪われてしまう。二人は海に身を投げたがガタロ船に拾われ、そこで暮らす人々の温... 関連ページ:銭っ子

SHARE
EC
Amazon
logo