丸尾 行児

丸尾 行児

Piece(漫画)の登場人物。読みは「まるお ゆきじ」。成海比呂とはライバル関係。

登場作品
Piece(漫画)
正式名称
丸尾 行児
ふりがな
まるお ゆきじ
関連商品
Amazon 楽天

概要

茨城にいた成海比呂をいじめていた男の子。コウジたちとは別の学区で「歯抜けの丸尾くん」と恐れられていた。比呂を虐めているときに鉄パイプで殴られ、気絶していたところにコウジに崖から突き落とされた。しかし、コウジの父親の金の力で事件が揉み消され、家族と共に京都に引っ越したが、片足を引きずる後遺症が残り、いじめられていた。

現在は中学の同級生の彼女と同棲。比呂の口から真相を知ったはるかから謝罪の手紙を何度かもらったことがある。

関連人物・キャラクター

成海比呂

成海晧の1つ上の兄。晧と同様に精神科医の母親の研究材料として、茨城の家で監視管理のもと育てられた。晧とは正反対の性格で、大人しくいじめられっこで、言葉の代わりに絵で感情を表現する。幼いころ、家政婦に連... 関連ページ:成海比呂

登場作品

Piece

須賀水帆は人並みに友人もいる女子大生だが、自分自身で友人の間に壁を作っていた。突然亡くなった高校時代のクラスメイトのことを友人の母親や元クラスメイトから聞くうちに、自分のトラウマと向き合うこととなる。 関連ページ:Piece

SHARE
EC
Amazon
logo