丸尾

20世紀少年 / 21世紀少年(漫画)の登場人物。読みは「まるお」。別称、マルオ。ともだちとはライバル関係。

  • 丸尾
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
20世紀少年 / 21世紀少年(漫画)
正式名称
丸尾
ふりがな
まるお
別称
マルオ

総合スレッド

丸尾(20世紀少年 / 21世紀少年)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

ケンヂの小学生時代の幼なじみで、よげんの書の存在を知るメンバーのひとり。小学校時代は、臆病だが気のいい食いしん坊な少年だった。成人してからは、ケンヂと同じ商店街でファンシーショップを営んでいた。ケンヂからともだちの計画阻止のために呼びかけられた際には、店を畳み、妻と息子を博多の実家へ戻してまで、これに応じた。

血の大みそか事件でケンヂが行方不明になったあとは、丸子橋という偽名で反ともだちの思想を持つ大物歌手・春波夫のマネージャーとなり、密かにともだちへの復讐の機会を窺っていた。

登場人物・キャラクター

若い頃はミュージシャンを目指していたが、夢破れて母親のチヨとともに実家のコンビニを経営する男性。独身。キリコという姉がおり、彼女が実家にあずけた姪のカンナの面倒を見ている。小学生時代に遊びで悪の組織に...
熱狂的な信者を持つカルト教団の教祖。信者たちからはともだちと呼ばれている。常に教団のマークが記されたマスクを被っており、名前や素顔は不明。邪魔な相手は「絶交」と称して、信者に殺害させるなど、極めて危険...

関連キーワード

『20世紀少年』『21世紀少年』に登場する書物。ケンヂが小学校のころに考えた、悪の組織による世界征服の方法について記されていた。その内容は、「サンフランシスコで細菌兵器が撒かれる」「空港が爆破される」...

登場作品

かつて悪の組織から平和を守る正義の味方や一流のミュージシャンになることに憧れていた少年・ケンヂ(遠藤健児)。だが、大人になった彼は、かつて自分が憧れたようなヒーローではなく、実家のコンビニで店長を務め...