丸神 正美

七夕の国(漫画)の登場人物。読みは「まるかみ まさみ」。

  • 丸神 正美
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
七夕の国(漫画)
正式名称
丸神 正美
ふりがな
まるかみ まさみ

総合スレッド

丸神 正美(七夕の国)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

南丸洋二の在籍する大学の教授で「丸神ゼミ」の講師を務めている。学内の掲示板で南丸を呼び出していたが、彼と面会する前に自分の祖先が住んでいた丸川町を訪れ、失踪する。南丸以上に手が届く能力の使い方に秀でており、より大きな物体に穴を空けたり消失させたりできる。さらに窓の外を見る能力も合わせ持つ。

非常に聡明な学者肌の人間で、独自の調査により丸神の里に伝わる七夕の祭の真実に辿り着いた。同じゼミの講師である江美早百合とは、教師と教え子のような関係で、強い信頼関係で結ばれている。

登場人物・キャラクター

就職活動中の大学4年生。サークル新技能研究会の部長を務めており、サークル内で唯一「念じることで物質にごく小さな穴を空ける」超能力を持つ。この力を就職に役立てられないか考えるものの、実用性が薄く、使い道...
大学教授・丸神正美が主催するゼミの講師。失踪した丸神教授の消息を追うため、ゼミ生や南丸洋二を伴って丸川町を訪れる。学者肌の人間で、丸神教授の消息を調べる一方、丸神の里に伝わる超能力や七夕祭りの謎の調査...

関連キーワード

『七夕の国』に登場する自治体。A県黒嶺郡にある小さな町。この町を含む一帯は丸神の里と呼ばれる土地で、代々手が届く能力と窓の外を見る能力の能力者を輩出してきた。丸神山と七つ峰と呼ばれる山があり、この土地...
『七夕の国』に登場する超能力。丸神の里に住む多くの者が共通してこの力を持つ。内容は「得体の知れない恐い夢を見る」というもの。この「夢」のせいで里の者たちは丸神の里に縛り付けられ、丸上山一帯の地形を守る...

登場作品

大学生の南丸洋二は、あらゆる物質に小さな穴を穿つ手が届く能力と称される超能力を持っていた。ある日、自分を呼び出していたはずの大学教授の丸神正美が、丸川町に赴いた後に失踪。丸神教授も手が届く能力を持つこ...