丹の三侠

達人伝 -9万里を風に乗り-(漫画)、荘丹、無名、丁烹の3人組の総称。読みは「あかしのさんきょう」。

  • 丹の三侠
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
達人伝 -9万里を風に乗り-(漫画)
正式名称
丹の三侠
ふりがな
あかしのさんきょう

総合スレッド

丹の三侠(達人伝 -9万里を風に乗り-)の総合スレッド
2016.07.27 13:24

概要

秦国に抗うべく、世の達人を結集することを目的としている。「丹の三侠」の「丹」とは荘丹のことであるとともに「赤色」の意味もあり、熱く鮮やかで変わらない強い覚悟を表している。厳密には荘丹は「侠」とは言い難いものの、その場合「二侠とホラ吹き一人」という名になってしまうため、荘丹も「侠」として数えている。

無名が勢いで柳洄に名乗ったのがきっかけでこの名が付けられた。3人を馬の骨扱いする孟梁からは「馬骨三兄弟」と呼ばれている。

登場作品

作品誕生のいきさつ王欣太は、コミックスのカバー折り返しにある作者コメントにて、本作『達人伝 -9万里を風に乗り-』誕生のいきさつについて語っている。当初、「漫画アクション」編集者に執筆を依頼されたのは...