丹下 段平

あしたのジョー(漫画)の登場人物。読みは「たんげ だんぺい」。

  • 丹下 段平
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あしたのジョー(漫画)
正式名称
丹下 段平
ふりがな
たんげ だんぺい

総合スレッド

丹下 段平(あしたのジョー)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

ドヤ街の風来橋の下に住む元ボクサーでボクシングジムの元会長だった。現役時代は日本ランキング上位にまで昇ったが、試合中の事故で左目を傷めて引退。ボクシングジムを立ち上げるが、経営に失敗。酒乱の気があり、他のジムの選手や協会関係者に暴力行為に及んだため、ボクシング界からは追放同然になっている。

ジョー(矢吹丈)の天賦の才能に惚れ込んで、少年院にハガキを送って通信教育を行い、さらには白木葉子のコネを利用して、ボクシング指導という名目で少年院に出入りするようになる。ジョーの出所後、泪橋の下に丹下拳闘クラブを旗揚げする。所属選手はジョーマンモス西の二人のみだったが、ジョーが注目を集めるにつれ入門者が増え始める。

登場人物・キャラクター

養護施設育ちの孤児。施設からの脱走を繰り返してきた。優れた身体能力に加えて野性の勘に恵まれ、粗野でケンカっ早く、悪知恵と反骨精神に溢れた不良少年。丹下段平にボクサーの素質を見出されても本気にならず、募...

関連キーワード

『あしたのジョー』に登場するボクシングジム。泪橋の下を恐らく不法占拠している。会長は丹下段平。ジョー(矢吹丈)とマンモス西が所属する。ジョーがランキングを上げ、人気が高まるとジムの収入も安定し、橋の下...

登場作品

天賦の身体能力と野性の勘を持つ不良少年矢吹丈(ジョー)は流れ着いたドヤ街で、元プロボクサーだった丹下段平と出会う。ジョーの才能を見抜いた段平は執拗にボクシングを教え込もうとするが、ジョーは段平の献身的...