丹下

ダンダラ新選組(漫画)の登場人物。読みは「たんげ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ダンダラ新選組(漫画)
正式名称
丹下
ふりがな
たんげ

総合スレッド

丹下(ダンダラ新選組)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

無源流師範代。野心に燃え、いずれ自らの手で日本を動かす夢を持ち、その為には手段を選ばない卑劣な男。剣の腕は立ち、試衛館の看板を見事に斬り落とし、また同様の切り口で顔に掛かった蕎麦だけを、一切顔を傷つける事なく斬っている。すっとびの節から浪士隊募集の話を聞きだし、同じ三多摩地区として声の掛かる試衛館を目障りに思うようになる。

青雲館乗っ取りを兼ねて不意を突き師匠の司義一郎を斬り殺すと、その罪を土方歳三に被せてすっとびの節を通じて人々に噂を広めた。自分が利用した信一郎やすっとびの節さえも、用が済んだ所で消そうと企てていた。追い込まれた土方歳三を待ち伏せし、大勢の浪人を引き連れて殺害しようとした。

登場人物・キャラクター

飛脚。以前、街道で雲助に因縁を付けられていた所を司義一郎に助けられた事がある。噂好きの性格で、浪士隊募集の話を青雲館に持ちかけるが、司義一郎からは多摩の地で無源流を広めるために道場を離れるわけにはいか...
モデルは土方歳三。新選組副長として志が高く、武士道とは自らを犠牲にして他人に尽くす精神だと信じ、自分にも他人にも厳しく振舞う。多摩の百姓のせがれだったため武士に対する憧れが人一倍強く、武士道に外れた者...

登場作品

(第一部)幕末の京都で市中警護を行い過激派浪士達から恐れられていた新選組は、脱走といった士道に背く行為は全て切腹となり、その規律の厳しさ故に隊内も恐怖で固められていた。そんな新選組に、見た目の冴えない...