丹沢 ニナ

(漫画)の登場人物。読みは「たんざわ にな」。

  • 丹沢 ニナ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
(漫画)
正式名称
丹沢 ニナ
ふりがな
たんざわ にな

総合スレッド

丹沢 ニナ(累)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

とても美しい容姿をした若い舞台女優。淵累赤い口紅の力を用いて、西沢イチカと五十嵐幾に続いて顔を交換した3人目の女性となる。登場時に20歳であり、より2歳上。数週間も眠り続けてしまうという、珍しい睡眠障害(通称「眠り姫症候群」)に16歳から悩まされている。学生時代は、その持病のため学校で孤立し、不登校になっていた。

その頃に参加した演劇ワークショップで演出家の烏合零太と出会い、女優となる道を示されて以来、彼に片想いをしている。その烏合が演出する「かもめ」の舞台に出演するため、羽生田釿互に紹介されたの演技力を利用しようとする。視力は悪く、子どもの頃は眼鏡をかけていた。

母親の名前は丹沢紡美

登場人物・キャラクター

舞台演劇の第一線で活躍する男性演出家。丹沢ニナが不登校だった時期に参加した演劇ワークショップにおいて、女優としての道を彼女に示した人物でもある。現在は演出家として煮詰まっており、「かもめ」のニーナ役と...

登場作品

美しい姿のままこの世を去り、「伝説の女優」と謳われた淵透世の一人娘・淵累。母に似ず醜い顔に生まれた累は、女優になる夢を持つものの、その醜さゆえに学校でいじめられていた。小学5年生の時、学芸会でシンデレ...