丹波 三郎

丹波 三郎

大ぼら一代(漫画)の登場人物。読みは「たんば さぶろう」。丹波 太郎字とは親族関係にある。

登場作品
大ぼら一代(漫画)
正式名称
丹波 三郎
ふりがな
たんば さぶろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

丹波太郎字の父親。岡山県を基盤とする名家の当主。財閥を率いる大富豪。11人の子を持つ。太郎字はその末っ子で内縁の妻の子供である。地元で絶大な権力を持つ地方の大物たちの力を結集し、日本を一本化して国家を変革することを目指した。しかし道半ばにして島村万次郎に主導権を奪われ、最後は非業の死をとげた。

死にあたって太郎字丹波家の全てを譲る遺言状を残した。

関連人物・キャラクター

丹波 太郎字

資産20兆円の大富豪丹波三郎のめかけの子として生を受ける。中学生となって丹波家に入るまで、母方の山岡姓を名乗り、母親の故郷の漁村上山村で暮らしていた。そこで小学生ながら中学の冷酷な番長五代を倒し、巨漢... 関連ページ:丹波 太郎字

関連キーワード

丹波家

『大ぼら一代』の主人公丹波太郎字が所属する一族。岡山県の古くからの豪族で資産20兆円を誇る大富豪一族。丹波三郎を当主とする。丹波巨億銀行を初めとする数多くの企業を所有し、岡山県では絶大な権力を有している。また、いくつもの学校を経営し、日本の将来を担う人材の育成にも余念がない。

登場作品

大ぼら一代

岡山の大富豪の息子丹波太郎字が男として成長した後、日本の独裁者と戦っていく様を描いた革命政治マンガ。 関連ページ:大ぼら一代

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
丹波 太郎字
山岡 千代
間 源太郎
袖原
島村 万次郎
赤川 弥四郎
集団・組織
大ぼら同盟
丹波学園
logo