丹波 三郎

丹波 三郎

大ぼら一代(漫画)の登場人物。読みは「たんば さぶろう」。丹波太郎字とは親族関係にある。

登場作品
大ぼら一代(漫画)
正式名称
丹波 三郎
ふりがな
たんば さぶろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

丹波太郎字の父親。岡山県を基盤とする名家の当主。財閥を率いる大富豪。11人の子を持つ。太郎字はその末っ子で内縁の妻の子供である。地元で絶大な権力を持つ地方の大物たちの力を結集し、日本を一本化して国家を変革することを目指した。しかし道半ばにして島村万次郎に主導権を奪われ、最後は非業の死をとげた。

死にあたって太郎字丹波家の全てを譲る遺言状を残した。

関連人物・キャラクター

丹波太郎字

資産20兆円の大富豪丹波三郎のめかけの子として生を受ける。中学生となって丹波家に入るまで、母方の山岡姓を名乗り、母親の故郷の漁村上山村で暮らしていた。そこで小学生ながら中学の冷酷な番長五代を倒し、巨漢... 関連ページ:丹波太郎字

関連キーワード

丹波家

『大ぼら一代』の主人公丹波太郎字が所属する一族。岡山県の古くからの豪族で資産20兆円を誇る大富豪一族。丹波三郎を当主とする。丹波巨億銀行を初めとする数多くの企業を所有し、岡山県では絶大な権力を有してい... 関連ページ:丹波家

登場作品

大ぼら一代

資産20兆円の岡山の大富豪のめかけの子として生まれた丹波太郎字。小学生の頃から並外れた度量を持つ太郎字は、盟友の間源太郎とともに将来の日本を動かす集団大ぼら同盟を結成する。一方で太郎字の父親・丹波三郎... 関連ページ:大ぼら一代

SHARE
EC
Amazon
logo