久世 草介

久世 草介

火ノ丸相撲(漫画)の登場人物。読みは「くぜ そうすけ」。別称、草薙。潮火ノ丸とはライバル関係。

登場作品
火ノ丸相撲(漫画)
正式名称
久世 草介
ふりがな
くぜ そうすけ
別称
草薙
別称
草介
関連商品
Amazon 楽天

概要

栄華大付属高校相撲部の1年生。かつての横綱・大和国の息子であり、恵まれた体格と相撲の才能を備えているが、「他の若い芽を摘んじまう」という大和国の危惧から、対外試合への出場を禁じられていた。しかし狩谷俊の計らいで関東新人大会に出場し、火ノ丸の取組を見て本気で火ノ丸と戦う意志を固める。

父・大和国を思わせる横綱相撲で國崎千比路五條佑真、そして火ノ丸を破り、優勝。心静かな勝ちぶりに「国宝・草薙」と呼ばれる。相撲以外の事には関心が薄く、マイペース。

関連人物・キャラクター

潮火ノ丸

大相撲の横綱を目指している大太刀高校の1年生。小学生相撲では無敵だったが以後、背が伸びず、中学では成績を残せずにいた。だが諦めず己を鍛え続け、高校相撲での日本一を目指す。小学生時代の成績から「国宝・鬼... 関連ページ:潮火ノ丸

登場作品

火ノ丸相撲

大相撲入りをして横綱を目指す少年・潮火ノ丸は、体が小柄というハンデにも屈さず自らを鍛えてきた。大太刀高校の相撲部に入った火ノ丸は、道場を占拠していた不良・五條佑真との勝負で道場を取り戻し、部長の小関信... 関連ページ:火ノ丸相撲

SHARE
EC
Amazon
logo